診療料金&メニュー

開院当初から5年間院長を務めた久野英範が、2017年シーズンよりJリーグ大分トリニータのチーフトレーナーとしてチームに帯同することになりました。
プロ選手のコンディショニング調整や管理という重要な役割を担うことになる今後の活躍に、スタッフ一同エールを送ります。

<<久野先生からのメッセージ>>

 

 振り返ればあっという間の5年間でした。
スタート前に重ねた打ち合わせの中で出されたコンセプトは「1階が運動スペースで2階が治療院、そして隣が温浴施設」。当初、こんなに環境の整った施設があったら、どんな患者さんにも対応でき、困っている患者さんに対して早期治療の手伝いができるとワクワクしたのを覚えています。

 

 実際に治療院がオープンしてからは、思った通り患者さんのライフスタイルに合わせて様々な対応ができました。

 茅ヶ崎は人柄も温かく、大勢の方が「趣味」を持っています。海も近くサーフィンができたり、登山やゴルフを楽しんだり、またまちの「イベント」が多く、人生を楽しんでいる方がたくさんいるなという印象を持っていました。その中で常に時代や患者さんのニーズに合わせ、試行錯誤を繰り返しながら新しい情報や一人一人に合った最善の治療を提供できたことが喜びであり、私だけでなく治療院全体として大きな成長につながったと考えています。

 

 5年間は予想外の連続でもありました。しかしその度にスタッフが一丸となって常に新しいことへのチャレンジを繰り返しています。患者さんへの対応もさることながら、コミュニケーション能力がUPし、皆の人間力が上がったと考えています。

 ゴルフをする患者さんが比較的多かったのですが、ゴルフ用語を全く知らないスタッフがゴルフを一生懸命習い、今ではゴルフの際に必要な体の動きやトレーニング方法を患者さんへ指導できるまでに成長したという例もあります。

 

 トップダウンで決めていくのではなく、この治療院を良くしようと皆で考え切磋琢磨していたことが成長に繋がっていると思います。具体的にはトレーナーのスタッフが治療する先生と接することによって得られる知識や、逆に治療する先生がトレーナーから得られる知識など、他の施設ではできない相乗効果が得られると考えています。この5年間にあった皆の目覚ましい成長があるからこそ、私も安心して後を任せることができます。

 個人的にはトレーナー活動などで外部に出向く機会があり、そのチームにおいての役割を把握し、臨機応変に対応できる能力が身に付きました。

 そのチームにおいて、監督や選手、コーチングスタッフ、ドクターとの連携が非常に大事になるので、それぞれがどのようにして、絶妙なバランスを保っていけば良いのかという調整方法などが、今後に生かせると思っています。

 

 治療院に携わった5年間の中で何人もの患者さんから

『症状が改善しました!』
『痛みが出現せず維持できています!』
『日頃のセルフケアが大事なんですね!』
『この施設を紹介してもらって良かったです!』

などと、書ききれないほど色々な方に感謝され、色々な方に『ありがとう!』と言っていただき、治療家冥利につく経験が出来ました。

 

 携わっていただいた方々への感謝を忘れずに、この「湘南ベルマーレ茅ヶ崎コンディショニングセンター」での経験を活かし、皆様の期待に応えられるよう一生懸命頑張ります。

 

平成29年2月 久野 英範